Information

【プレスリリース】省電力5倍、距離1.3倍の新世代ハイビーコンを発売

2021年07月07日

省電力5倍、距離1.3倍の新世代ハイビーコンを発売

最大100年寿命 最大600メートル (理論値)

 

2016年より長距離ビーコンを製造販売する株式会社インタープロ(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役:南 克浩)は、 これまで同社が発売してきたハイビーコンに新規格モジュールを搭載し2021年7月10日よりシリーズ3機種を順次販売開始します。
IoTテクノロジーが進む中、ハイビーコンは電池寿命、電波距離ともに優れており、所在・製品・資材・入館・入室の管理など幅広い現場で利用されていますが、利用現場からのさらなる性能向上、特に電池寿命の改善についての要望に応え、Bluetooth5.2規格モジュールを採用し新開発しました。

詳しくはハイビーコンHP https://www.hibeacon.jp/

 

■新ハイビーコン

同社は長距離Bluetoothビーコンである「ハイビーコン」の製造・販売を行い、これまでも多くの企業に採用されています。新ハイビーコンはBluetoothをバージョン5.2へ刷新することで、最大距離を1.3倍の約600mへ向上させ、電池寿命も従来型の5倍とし、機種によっては100年以上の電池寿命を実現、電池交換なしでの運用も可能になりました。

 

●ハイビーコン・スリム 定価:9,900円(税込) ★ 7月10日発売
・最大450m(実用225m)
・電池寿命 1秒間隔発信=約12ヶ月 1分間隔発信=約22年 (理論値)
・用途 人・物品・室内・工場

 

●ハイビーコン・ミニ 定価:8,800円(税込)  ★ 8月10日発売予定
・最大200m(実用100m)
・電池寿命 1秒間隔発信=約12ヶ月 1分間隔発信=約22年 (理論値)
・用途 人・小物・キー

 

●ハイビーコン・タフ 定価:11,000円(税込)  ★ 8月10日発売予定
・最大600m(実用300m)
・電池寿命 1秒間隔発信=約6年 1分間隔発信=約100年(理論値)
・用途 車・資材・屋外・工場

 

 

設置例設置例

 

■新ハイビーコン仕様
・Bluetooth 5.2モジュール
・電池寿命が従来型の5倍(理論値)※下表参照
・最大距離600m +8dBm Class1 ※アプリにて出力調整が可能
・CPU Cortex-M33-76.8MHz
・発信間隔が最大12時間までのロングインターバル

 

■特徴
・より強い電波を発信し、性能の低いスマホなどの受信機でも発見しやすい。
・電波範囲が広いので受信機数を少なくでき、コストを抑える事ができる。
・電池寿命が長いので、運用中のトラブルが少ない。
・受信アプリやクラウドまで含めた、ビーコンソリューション開発をサポート可能。

 

■電池寿命(理論値)

※電池メーカーの標準保証は5年になります。

 

■無償サポート ※Android版のみ
・HibeaconSetup  各コード、発信間隔、電波強度の設定を行うアプリ
・HibeaconLogger  受信データをログ保存し検証を行うアプリ
・AdvertiseChecker  スマホの受信ロスを発見し性能を評価するアプリ
・導入のご提案

 

■有償サポート
・サンプル価格とボリューム価格
・入退出管理クラウドシステム「Hibeacon Live System」
・トライアルキット(ビーコン、受信機、クラウドのセット)
・OEM製品提供 オリジナル仕様も可能

 

■販売
・オンライン販売  https://watcher.mimamori.jp/item/products/list.php?category_id=26
・法人様のご購入は当社HPよりお問合せください。 https://www.hibeacon.jp/

 

【株式会社インタープロ】
本社:〒880-0867 宮崎県宮崎市瀬頭2-2-10
代表:代表取締役 南 克浩
創業:2000年4月
電話番号:0985-20-5051(代表)
URL:https://www.interproinc.co.jp/
事業内容:・IT機器製造、販売
・アプリ、ウェブシステム開発

 

【本件に関するお問い合わせ先】
担当:奥野、杉本
電話:0985-20-5051
メール:customer@interproinc.co.jp

ハイビーコンお知らせ 一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

Copyright c INTERPRO Inc. All Rights Reserved.